Prof.Xie Quan in Guizhou University:Guiyang should build national public data center(英日版)

【英文版】

On this year's national two sessions,broadapplication of big data,cloud computing and Internet of things was speciallyput forward in government work report.It is the third consecutive year that BigData was written in government work report,big data industry has become theefficient engine of New Economy.

On this year's national two sessions,broadapplication of big data,cloud computing and Internet of things was speciallyput forward in government work report.It is the third consecutive year that BigData was written in government work report,big data industry has become theefficient engine of New Economy.

For the past two years,Guizhou played a leading and exploratoryrole in development of big data and tentative explore some experiences aboutit.For example,the first domestic big data exchange launched operations inGuizhou,the first big data comprehensive experimental area was built in Guizhouand the first domestic local regulations about protection and promotion of bigdata development was established in Guiyang.

Big Date comprehensive innovation experimental area will be build inGuiyang until 2020 was put forward in the fifth plenary Session of the 9thGuiyang municipal party committee.Guiyang will promote big data technology andapplication exploration, prior to carry and try policies andregulations,accumulated develop big data formats,make governance of governmentmore accuracy and effectiveness,make service of people's livelihood convenientand popularize and perfect information infrastructure so as to occupied thecommanding heights of big data development in theory innovation, practiceinnovation and rules innovation.

On March 9,Xie Quan,the deputy to the National People's Congress,dean ofBig Data and Information Engineering College in Guizhou University,accepted anexclusive interview with our reporter.As a dean of the first Big Data Collegeover the world,Xie Quan has full confidence in building big data comprehensiveinnovation experimental area in Guiyang.He said that Guiyang is the significantbase for developing big data in Guizhou province,which has great responsibilityand pressure.Xie Quan suggested to make rational layout,legislate dataexchange,guarantee the data safety and establish national data center forbuilding big data comprehensive innovation experimental area in Guiyang.

Xie Quan considered that Guiyang should make use of the advantages ofGuizhou big data comprehensive experimental area to make rational layout andplanning and promote big data industry in leading position. Guiyang shouldsurrounds Core Forms,Associated Forms and Derivative Forms to construct thewhole industry chain of big data, so that overlapped development will nothappen between cities and counties.

Besides,XieQuan held the view that benefit allocation problem,safety problem andcorresponding laws and regulations in data exchange will become more and morevisible when data increasing, so we need legislation.Both government andordinary people’sdata safety should be guaranteed.

Xie Quan thought that as a significant base to develop big data in wholeProvince,Guiyang should strive for build a national public datacenter.Now,Guiyang has big data exchange.National public big data laboratory isdeclaring.National tourism data center was also located in guizhouprovince.These suggested that Guiyang has already had basic conditions to buildnational public big data center.Therefore,on this year's national twosessions,Xie Quan suggested build national public big data center.

【Edited by Ren Ye, ShenLin】


【日文版】

今年の全国人民代表大会と中国政治協商会議で、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、センサーネットワークなどの広範的な応用を促進するため、「政府工作報告」はわざわざこれらを指摘した。これは「ビッグデータ」が「政府工作報告」に書き込まれるの三年目であり、ビッグデータ産業はすでに「新経済」の有力なエンジンになっている。


 国内の初めてのビッグデータ貿易所は貴州で運営し始め、中国の初めてのビッグデータ総合試験区は貴州で落成し、国内での初めてのビッグデータの発展を促進することを保護する地方法案は貴州で登場し・・・ここ近年、貴州はビッグデータの発展に先に歩いていて、試行錯誤して少し経験が出てきた。


 貴陽市の市役所は第九回の五次全会で、貴陽は2020年に、ビッグデータの総合試験区の建設を完成する予定を提出した、それに、ビッグデータの技術と応用の探索を深く推進して、政策法規が先に進んで、ビッグデータの業態が集積に発展していて、政府の管理精度が有効で、民生サービスが便利で、情報のインフラストラクチャーがさらに完備していてる、努力してビッグデータの発展理論のイノベーション、実践のイノベーション、それに規則のイノベーションの頂点を占領する。


 三月九日、報告記者は全国人民代表、貴州大学のビッグデータと情報工学学院の院長の謝泉さんに取材をした。全世界で始めてのビッグデータ学院の院長として、謝泉さんは貴陽がビッグデータの総合試験区を建設することに「非常に自信を持っている」。謝泉さんによると、貴陽は貴州省のビッグデータの発展の重要な基地として、責任も圧力も大きい。貴陽がビッグデータの総合試験区を建設するという目標に対して、謝泉さんは合理的な布局、データ貿易の立法、データの安全、国家的なデータ中心を建設することという四つのアドバイスを述べた。


 貴州がビッグデータ総合試験区を建設するので、貴陽はそれを機に、合理的に布局し、合理的に企画し、ビッグデータ産業が先に進むことを推進すべきである。「核心業態、関連業態、派生業態」をめぐって、ビッグデータの産業チェーンを構成して、区、市、県の中には重ねる発展は必要ではないと謝泉さんは考えている。


 現在、貴陽ではいくつかのプラットフォームがあり、例えば、ビッグデータ貿易所などのようなものである。では、データはどうやって貿易するか?どうやって口座を開くか?利益はどうやって分配するか?謝泉さんの考えによると、今のデータはまだ少ないため、生じた利益もまだ小さいが、データはだんだん多くなるにつれて、本気に利益を生じ始める時は、データ貿易の利益の分配の問題、安全の問題、それに応じる法律法規の問題が明らかに現れて、立法の必要がある。去年、「貴州省ビッグデータの発展と応用を促進する条例」が登場して、これは一つの基本法案にあたる。これを基礎にして、データはどうやって貿易するのも立法の必要がある。それに、政府のデータ安全も百姓たちのデータ安全も保障の必要がある。


 貴陽は貴州省のビッグデータの重要な発展基地として、努力して国家的な公共ビッグデータの中心を建設すべきであると謝泉さんは思っている。現在、ビッグデータの貿易所があり、国家的な公共ビッグデータの実験室の発動もすでに申告し、国家的な旅行のビッグデータの中心も貴州にある。貴陽はすでに国家的な公共ビッグデータの中心を建設する基本的な条件が備わっているとそれらの情報が説明している。そこで、今年の全国人民代表大会と中国政治協商会議で、謝泉さんは、貴陽で国家的な公共ビッグデータの中心を建設することについてのアドバイスを述べた。


編集:ようはくぎ


2016-03-18