Meeting for Building of ”Your Voices&Our Responsibilities•GZU” Network Platform【英日版】

【英文版】


On April 28th, ateleconference for first-year running of “Your Voices&OurResponsibilities·GZU” Network Platform, hosted by China Youth Communist LeagueCenter Committee, was commenced. At the meeting, Mr. Chen Jian, GeneralSecretary of the Party Committee of Guizhou University(GZU), gave a speech ——Guidance of the CPC, Common Development,Make the Most of “Your Voices&Our Responsibilities·GZU” Network Platform asthe only representative of colleges and universities presented and lectured.

On April 29thmorning, several school leaders including Chen Jian, Luo Changjiang, Yang Weiand Li Junqi attended the Meeting for Building of ”Your Voices&OurResponsibilities•GZU” Network Platform. Representatives, most of whom areDeputy Secretaries of the Party Committee from several departments andfaculties, persons in charge of Youth League Committee(YLC) and studentrepresentatives participated in this meeting.

Long Wen, Deputy Secretaryof YLC of GZU(Executive), introduced running conditionsof “Your Voices&Our Responsibilities•GZU” Network Platform”. As one of 100pilot universities, GZU put its network platform into operation on September 16th,2015, the same day as that of Provincial Party Committee. At present, GZU havereceived 2114 questions, 2489 answers from experts and 1736 positive commentsthrough this network platform. Positive running conditions have graduallyplayed an important role on “Reflect the voices of youth, Response to thedemands of youth, safeguard the rights and interests of youth, serve the growthof youth”.

Many participantsstated their proposal for further improving”Your Voices&OurResponsibilities” platform. Luo Changjiang, Deputy Secretary of the PartyCommittee of Guizhou University(GZU), emphasized guidance for students’studying and security, and improvement of the platform from overallperspective. Yang Wei, taking the same position as Mr. Luo, said the platformhad made several remarkable fruits including prompt solution to student-concerned difficulties and better guidancefor students’ growth. Li Junqi, Vice President managing the logisticsdepartment, said he and his department would make efforts to serve students. LiYun, from YLC of School of Economics, said the platform could get approval fromstudents because it pay attention to students’ essential interests.

Then, Mr. Chen Jianaffirmed fruits had gotten from the platform. Additionally, he emphasized theimportance of responsibilities of YLC, and promotion of the platform undercircumstances of “Internet Plus” to do best to serve students. At last, he gavesincere wishes to students for Youth Day.

It is reported that“Your Voices&Our Responsibilities·GZU” network platform has taken strictand accurate measures, and coordinated various resources to promptly solveconcerned problems, which helps students improve themselves. Through analyzingdemands of students. the university has still developed several well-targetedoffline activities to serve the young, and received positive response.

【Edited by: Zhang Haibo, Shen Lin】


【日文版】


     4月28日、校党委である陳堅書記は全国で唯一の高校現場交流発言の代表として団中央が催す「青年の声」という活動の一周年テレビ電話会議を参加して、『党の建設は団の建設を指導し、ともに建設して発展し、「青年の声」というプラットフォームをよく利用して活かしよう』というテーマを発言する。

    29日の朝、我が校の責任者である陳堅、駱長江、楊未、李軍旗が「青年の声・貴州大学」というプラットフォームを建設する交流会に出席し、また、大学事務室と学院事務室、共産党委員会宣伝部、学生の事務所、学生を支援する管理センター、警備室、庶務管理所、校団委の係員および一部の学院共産党委員会の副書記、団委の責任者、学生代表たちも参加した。

   我が校の団委員会の副書記である龍汶(司会者である)は「青年の声・貴州大学」というプラットフォームの進度を紹介した。団中央において初めての試験的にやってみる100ヵ所の大学の一つであり、2015年9月16日、「青年の声・貴州大学」という活動は省級の団省委と同期でオンラインし行われている。今、オンラインで質問を出す人数が2114人に至り、それらに対する専門家からの応答数が2489回に至り、好評の人数が1736人に至るそうである。プラットフォームが順調に進んで行って、活躍度が高くて、「青年の呼びかけを反映し、青年の要求を応答し、青年の利益を守り、青年の成長に奉仕する」という作用を発揮している。

    どのように「青年の声」というプラットフォームを建設したほうがいいかという問題にめぐって、会議に出席するみんなが各々自分の見解を述べた。我が校の共産党委員会副書記である駱長江は学生を学習と安全等に導くことに注目して、事業を発展する角度から「青年の声」というプラットフォームの建設を強化することに努力する。我が校の共産党委員会副書記である楊未は「青年の声・貴州大学」というプラットフォームが青年の声をキャッチすることや学生の成長を主導することや連動など著しいに効果を発揮し、また、多くの学生が生活と学習の中で遭った問題と困難をすばやく解決し、大学生たちの成長と人材になれるために下地ができていると考えている。副校長である李軍旗は庶務部がぜひ青年学生の呼びかけを聞き、学生の遭った困難をすばやく解決すると表明した。経済学院団委の責任者である李曇は「青年の声は学生たちの呼びかけに対する学校からの応答があると感じて、学生たち向きの肝心な利益に対する問題の応答も受け取って多くの学生の支持を得られる」といった。

    各部門の責任者の話が終わった後、我が校の共産党委員会書記である陳堅は以下の発言をした。「青年の声・貴州大学」というプラットフォームの成績が著しくと見られる。五・四青年デーが到来する前に、多くの青年に五・四青年デー、おめでとうを祈っている。団委の仕事は一番重要な仕事であり、共産党委員会は団委としっかり結びついて、積極的にインターネットプラス下の「青年の声」の建設を推進して、エネルギーを集め、アイデンテイテイーを増加し、学生の質問を一々応答し、学生の利益を一位にして、「青年の声」を貴州大学の学生たちの精神的な場所に建設し、要求があれば応答がある場所にし、心理上の問題を解決する場所にする。団委がこの責任を取って、より多くの学生に「青年の声」を認めさせる。

    青年の声をちゃんと出させるために、「青年の声・貴州大学」というプラットフォームで厳格な制度と厳密な措置を実施し、切実に連動体制を採用して学校内外の資源を調和して青年学生の成長とエリートになることにサービスを提供し、一部の責任者が学生たちの提出する問題を整理してからそれらの問題を関連の部門に伝達してすばやく一々の問題に対する応答を与える。プラットフォームで学生の要求を分析し、オフラインで関連の活動を展開して厳密に学生にサービスを提供しする。たとえば、青年学生のイノベーションと創業に関するフオーラムや、オフラインでの心理上の相談と予約トークや、中国共産主義青年団サロンが青年の学生たちからの好評を得られている。

編集:蔡群

2016-05-10