Seminar of Material Science and Engineering (SMSE) between GZU & KUST

【英文版】

       In the morning of April 28th , Academic Seminar of SMSE between GZU& KUST was hold at room 509 in the building of College of Materials and Metallurgy.

       Jiang Yehua (President of the School of SMSEin KUST), Cao Jianchun (secretary of the party committee), Fengjing (candidate of the young elites in the 11thone thousand oversea students plan), Prof. Cai Jinming, Liu Hongxi and Yang Zhengyi (supervisors of doctoral student on reserving talents of young academic and technology in Yunnan Province ), attended the seminar, as well as Li Junqi (vice president of GZU), officials in School of Material, faculty and postgraduates.

       Firstly, Li Junqi made a speech in which he gave his expectations on a deeper academic communication between GZU and KUST.

       In the meeting, Prof. Feng Jing delivered a speech on the structure of hard phase in wearable iron material &research on theory design of mechanics and thermal properties, and he alsointeracted and answered the question of faculty and students. Afterwards,academic reports were made respectively by Prof. Liang Yilong, Xie Haibo, LiuQifu, Xiang Song from GZU, and Prof. Cai Jinming, Liu Hongxi, Yang Zhengwen from KUST.


【 Editedby:Zhao Mengjiao, Shen Lin】


【日文版】


        貴州大学ニュースウェブサイト電(竜双双) 4月28日午前、第一回貴州大学-昆明理工大学の材料科学と工程学術セミナーは材料と治金学院ビルの509室に開催した。

       昆明理工大学材料科学と工程学院院長の蒋業華、党委員会書記の曹建春、昆明理工大学第十一回目「千人計画」青年人材入選者のヒョウ晶、特任教授千人計画青年人材の蔡金明、雲南省中青年学術と技術の発頭人、後備人材、博士課程の指導教官の劉洪喜、楊正文が出席した。わが校の副学長の李軍旗、材料学科に関する担当者、教員と大学院生も出席した。

       初めに、わが校の副学長の李軍旗は挨拶を述べて、今、材料科学は各分野で速やかに発展していって、高等学校の間での交流もますます重要になって、今回のセミナーを通じて、両校のつながりと学術の交流を促進すると言った。 

       セミナーで、ヒョウ晶先生はみんなに『.摩滅に耐える鋼鉄の中で硬質相の組み立て、力学と熱学性質理論設計の研究』の報告をして、お互いに交流した。そして、わが校の梁益竜教授、謝海波教授、劉其斌教授、向嵩教授と昆明理工大学の蔡金明教授、劉洪喜教授、楊正文教授はぞれぞれに学術報告をした。

       セミナーの後、昆明理工大学蒋業華教授は、昆明理工大学と貴州大学の学術の発展はお互いに補うことができる。今回のセミナーを契機にして、今後はこのような学術セミナーをさらに多く開催するべきで、両校は学術のつながりが深くなっていくと言った。

【編集:王佳】

2016-05-17